2015年09月27日

盗聴器/盗聴波の出力や飛距離

盗聴器/盗聴波の出力や飛距離

市販されている電波式発信機の出力は弱いもので4〜5mW,平均で20mWだと言われています。
盗聴波の飛距離は出力に加えて、設置場所や周囲の環境等に大きく左右されます。当然、見晴らしのいい場所の方がよく飛び、遮へい物の多い場所ではあまり飛びません。一般的に飛距離は、4〜5mWタイプのもので数十m程度だと言われています。中には数kmも飛ぶものも存在します。

出力の弱い発信機は、第三者による傍受を極力抑えられる事から、プロが好んで使うようです。一方、簡単に扱えるのが20mW程度のものだといわれ、電波がある程度の距離まで飛ぶので、受信も容易です。例えば、「娘の行動を監視するために、父親が娘の部屋に仕掛けた」というような場合は、入手しやすい20mW程度のタイプがよく使われていると思われます。

電波式発信機は、一般家庭に仕掛けられているものもあれば風俗街やホテル街に仕掛けられているものもあり、時にはビジネス街で発見という事もあるほどのメジャーな盗聴器です。
広帯域受信機が1台あればだれにでも受信できる事から、盗聴器を仕掛けた相手以外にも受信されている可能性があります。出力・飛距離を問わず、早めの発見除去が肝心です。

ストーカー・盗聴器や盗撮器発見調査のご相談はガルエージェンシー岐阜中央にご相談下さい。

岐阜の探偵はガル!
岐阜の浮気調査・離婚問題・人探し、どの様な調査もご相談下さい

岐阜の探偵社・調査事務所 ガルエージェンシー岐阜中央
面談での調査相談・見積りは無料です。お気軽に相談してください。

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)
posted by 岐阜の探偵ガル at 01:31| Comment(0) | 盗聴器発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする