2015年10月25日

盗聴器発見/第二種電気工事士

第二種電気工事士

室内の盗聴器発見・除去に必要な場合がある資格です。電気工事士の資格がなければ、電気配線・設備に忍びこんだ盗聴器を外す事も、詳しく調査する事も出来ません。

この資格は、電気工事士法によって定められる電気工事の作業に従事する為に必要な資格です。例えば、室内盗聴器が多く取り付けられる場所は室内用コンセントの裏側なのですが、「一般用電気工作物の電気工事」「最大電力500キロワット未満の需要設備の電気工事」には資格が必要(電気工事士法 第3条2項)とされています。

この為にコンセントはもとより、室内電灯の裏側や、天井裏の電気配線設備などに手を加える=調査して盗聴器を取り外す為には、第二種電気工事士の資格が必要になります。


ストーカー・盗聴器や盗撮器発見調査のご相談はガルエージェンシー岐阜中央にご相談下さい。

岐阜の探偵はガル!
岐阜の浮気調査・離婚問題・人探し、どの様な調査もご相談下さい

岐阜の探偵社・調査事務所 ガルエージェンシー岐阜中央
面談での調査相談・見積りは無料です。お気軽に相談してください。

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)
posted by 岐阜の探偵ガル at 08:00| Comment(0) | 盗聴器発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする