2016年10月11日

離婚裁判を起こす

夫婦の一方は、次に該当する理由がある場合には、離婚裁判を起こす事が出来ます。

それは、民法770条で定められた「離婚原因」が必要です。
具体的な「離婚原因」とは何かというと、次の5つがあります。

@不貞行為
「不貞行為」とは、配偶者のある人が、配偶者以外の第三者と性的な関係を持つ事です。
離婚の理由として、昨今「性格の不一致」の次に多い離婚の理由にあげられています。

「不貞浮気」の証拠としては、配偶者が浮気相手(愛人・不倫相手)とラブホテルや愛人自宅などに出入りしている写真や、ビデオなどの確かな証拠が必要です。

また、私達『探偵』が一番多くお受けする相談であり、一番得意な分野です。


岐阜県の探偵・浮気調査はガル!
岐阜の浮気調査・不倫調査・離婚問題・人探し・家出人行方調査・ストーカー対策・結婚調査など、どの様な調査もご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 07:00| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする