2016年11月26日

過去の婚姻費の精算

法律的に財産分与が意味する範囲は非常に広く、法律的に認められた財産分与とは、4つの性質を持っています。昨日の続きです(^^)

その4 過去の婚姻費の精算
夫婦は婚姻生活中、お互いに扶養する義務があります。
婚姻が継続中に別居していたとしても、相手を扶養する義務があるので、自分と同程度の生活が出来る様に、生活費を支払わなければならないのです。

例えば、別居期間中にこういった婚姻費用がきちんと支払われていない場合が多く、「離婚に至るまでの生活費の精算」として財産分与で調整します。


岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 14:14| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする