2016年12月04日

財産分与の具体的な割合

協議離婚で一番揉める可能性が高いのが「親権」と「財産分与」です。

夫婦の共有財産を分割する訳ですから、協議も揉めるはずです。
夫婦二人で築いてきた財産について、どちらがどの程度「貢献」「寄与」したのか?コレを決めるのは大変難しいです。

例えば新築を購入した際、外で働く夫と、専業主婦の妻がどれ位の割合で貢献したのか、厳密に判断するのは容易ではありません。
従って、「夫婦の貢献度は均等であり、財産分与は平等に分け合うのが妥当」という『1/2ルール』が原則です。

岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 15:22| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする