2017年01月23日

養育費の決め方・養育費算定表

養育費の決め方

養育費の決め行く際に、これから子供が成長するまでに、どれ位の費用がかかるのか、話し合いで決めるのは難しいですよね。
もしも、当事者間の話し合いで決める事が出来なければ、家庭裁判所で決めて貰う事になります。

家庭裁判所では、東京と大阪の裁判官の共同研究の結果、2004年3月に「東京・大阪養育費等研究会」が発表され、養育費、婚姻費用の算出方法と算定式に基づいて養育費を算出できる『養育費算定表』が作成されました。
これは、養育費を請求する側「権利者」と払う側「義務書」の年収金額を基礎とし、子供が養育費を払う側と同居したと仮定すれば、子供の為にどのくらいの生活費が必要なのか計算し、「権利者」と「義務所」の収入の割合で分けて「義務者」の支払うべき養育費の額を決定するというものです。

この養育費算定表は、子供の人数(1〜3人)と年令(0〜14歳と15〜19歳の2区分)に応じて表1〜9に
分かれており、「権利者」と「義務書」の年収金額、子供の年齢と人数を当てはめれば、養育費の目安が
容易に分かります。

裁判所のホームページ
養育費算定表のページで確認できます。

この算定表は、あくまで標準的な養育費を簡易迅速に算定する事を目的として作成されたものです。
ですから、最終的な養育費の金額については、色々な事情を考慮して、当事者の合意で自由に定める事が出来ます。

岐阜県の探偵社,興信所,浮気調査 ガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。浮気調査・不倫調査・離婚・結婚問題・人探し・家出人行方調査・ストーカー対策、どの様な調査もご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 07:00| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする