2018年03月02日

生活費と離婚の準備2

生活費と離婚の準備2

離婚協議、訴訟が係属している場合であっても、夫婦である以上、現実に婚姻解消に至るまでは婚姻費用分担義務があり、扶養権利者から扶養義務者への婚費請求が出来ます。

また離婚協議や訴訟が長引き、婚姻費用の支払いが滞った場合など、過去分の婚姻費用に関しては、請求の意思表示をした以後の分を請求できるとの認識が常態化している。

そこで、裁判所に申立するのは後にしても、まず、内容証明郵便などで請求の意思表示だけはしておいた方が良いのです。ただし、過去に遡って婚姻費用を請求できるとの判例もあります。


岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 06:00| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする