2018年08月31日

浮気の証拠が有りと無しの場合の違い

浮気の証拠が有りと無しの場合の違い

1.話し合いや慰謝料請求の場面では

・証拠有り
証拠があれば・、相手は認めざるを得なくなります。
今まで認めなかった相手でも、浮気の証拠をつかまれてからは、いかに事態を沈静化するか、または慰謝料金額を下げるかという行動に変わります。その為に、夫婦修復をお望みなら修復へ向かう事も可能かもしれません。反対に有利な離婚を進める事も出来ます。
特に、調停や裁判になりそうな場合、有利に進める為には必ず浮気・不貞行為の証拠写真は必要です。
浮気・不貞の証拠写真さえあれば、あなたにとって調停・裁判は有利に事が進みます。


・証拠無し
慰謝料請求をしても100%といっても良いほど、夫(妻)や浮気相手は認めません。むしろ、あなたに対して名誉毀損などと変な言いがかりを付ける方が多いです。
その為に、慰謝料請求を行っても、支払われる事はありません。
もし証拠が無くて慰謝料請求をした場合、それ以降、浮気する時には警戒して、浮気の行動が巧妙になってくる為に、証拠をつかむ事が難しくなってきます。


パートナーの浮気・不倫にお悩みの方は、探偵社ガルエージェンシー岐阜中央にご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 06:00| Comment(0) | 浮気調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする