2018年09月27日

内容証明郵便で浮気相手に請求する

慰謝料請求の要件

・方法と手順

内容証明郵便で浮気相手に請求する

相手が不貞行為を認めている場合は、この段階で慰謝料が支払われる事が多いと思います。
ただし、 相手が拒否すれば 調停と同じ様に支払わせる事は出来ません。

なぜまず内容証明なのかといえば、法的な請求を行う場合、通常は内容証明による請求から行います。これは調停や裁判などより、内容証明で請求して相手が同意して支払う場合、慰謝料金額が高めになる傾向があるという事もあげられます。

注意点として、内容証明は相手にとっても証拠となりますので、感情的な文言や、うそ、脅迫とも受け取れる文面ではいけません。後々その内容で突っ込まれ、逆に不利になる事があります。


パートナーの浮気・不倫にお悩みの方は、探偵社ガルエージェンシー岐阜中央にご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 06:02| Comment(0) | 裁判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする