2019年09月09日

婚姻関係が破綻している場合に、浮気した配偶者などへの慰謝料請求は出来ないのでしょうか?

婚姻関係が破綻している場合に、浮気した配偶者などへの慰謝料請求は出来ないのでしょうか?

「夫が勤務先の女子社員と浮気・不倫をしていました。夫に不倫相手と別れて、夫婦関係を再構築したいと持ちかけましたが断わられました。夫にはまだ言っていませんが、探偵社ガルエージェンシー岐阜中央さんに頼んで浮気・不倫の証拠や、不倫相手の事なども掴んでいます。不倫相手に慰謝料請求をして、夫と別れるようにお話をするつもりですが、それを夫が知って既に夫婦関係が破綻しているから慰謝料請求しても無駄だと言われてしまいました。

私は破綻しているとは全く考えておらず、食事も毎日ではありませんが一緒に取り、別居などもしていません。ただ、体調不良が続き3年程セックスレスになってはいますが、夫にはきちんと説明して分かって貰っていたつもりです。

夫婦関係(婚姻関係)が破綻していると、慰謝料請求は出来ないのでしょうか?また、何を基準に婚姻関係破綻となるのでしょうか?」

離婚問題の際に、しばしば論点となる事がある婚姻関係破綻ですが、破綻していると判断される基準や破綻後の慰謝料請求は可能なのでしょうか?

『婚姻関係の破綻』について、弁護士に聞いてみました。

「仮に夫婦関係が既に破綻していた状態では、不倫が夫婦関係を破綻させた原因にはなりませんので、慰謝料請求は認められないでしょう。ちなみに『婚姻関係が深刻に破綻し、婚姻の本質に応じた共同生活の回復の見込みが無いといえる場合』というのが、婚姻関係が破綻している状態です。この場合、夫が一方的に(おそらく性交渉がない為に)婚姻関係が破綻していると言っているだけだと思われます。

性交渉が3年間無いからといって、お互いに離婚をするかどうかの話し合いをしている訳でもなく別居している訳でもないので、婚姻関係が深刻に破綻して回復の見込みが無いとは言えないでしょう。また、夫婦で一緒に食事をとったりするなどの共同生活をしている状態であれば尚更です。

裁判で認められる婚姻関係破綻とは、夫婦が将来離婚する事を双方が合意するなどして、正式な離婚までの間は別居するといったような事実が必要になります。なので、体調などにより性交渉に応じられない場合などは、誰が見ても回復の見込みがないといえる状況では無い為に認められないでしょう。」

浮気や不倫の逃げ口上として、『婚姻関係破綻』という言葉を使われる場合がありますが、婚姻関係が破綻しているという主張をして慰謝料請求を回避しようとする場合には、夫婦関係が修復困難な程に破綻しているかどうかを客観的に判断できる事実を証明する必要がありますので、そう簡単には認められるものではありません。

浮気や不倫の証拠集めは、探偵社ガルエージェンシー岐阜中央へご相談下さい。




岐阜の探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーとの浮気・不倫・離婚問題、結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器・盗撮器発見,近所トラブルなど
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 07:55| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする