2020年04月15日

盗聴テープを証拠能力とみなした判例

盗聴テープを証拠能力とみなした判例

夫の電話を盗聴したテープを証拠に、妻が夫の不倫相手に1千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が1990年(平成2年)11月28日東京地裁であった。
谷口幸博裁判官は「たとえ証拠取得方法に違法があっても、証拠能力が失われるとはいえない」と、盗聴テープの証拠能力を認め「守操請求権を侵害した」として不倫相手の女性に400万円の支払いを命じました。

判決によると、A子さんの夫(54歳)は1986年(昭和61年)、理由を告げずに家を出て、被告B子さん(54歳)方の隣室で生活するようになった。翌87年(昭和62年)5月、夫から暴力を振われた上に「家を出なければ殺すぞ」などと脅されたA子さんは自宅を出たが、興信所に調査を依頼したりした結果、夫とB子さんが親密な交際をしている事が判明し、提訴しました。

この判例は、多くの人が抵抗なしに受け止める事が出来ると思います。日本の法律も、基本的にはこの判例の延長のようです。しかし今までの例を見てもわかるように、日本においては盗聴行為そのものを直接規制する「盗聴罪」という法律がありません。盗聴を悪用した時の罰則や、使用における規制の方法の改善を望んでいるのです。悪用された被害者側から見れば、現行の罰則は的外れであり、またそれ自体も微罪である為、法の保護による安心感はなく自衛を決意する方が殆どです。現時点においては野放し状態というのが実情ではないでしょうか。




探偵はガル
総合探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーの浮気・不倫・離婚・結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 05:00| Comment(0) | 盗聴器発見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする