2020年08月03日

失踪者のタイプ別調査法

失踪者のタイプ別調査法

失踪者は、いくつかのケースに分別されており、それぞれのケースに合った調査方法があります。調査員は出来るだけ詳しく、失踪者の残した証拠を集めて調査に当たらなければいけません。


下記は日本国内の年間家出人であり、ここ数年、大幅な増減はありません。
(平成20年度 警察白書)


統計上から、年間9万人の捜索願が出されている事になります。
その方々が、ずっと行方不明の状態かと言うとそうではなく、その後戻ってきた方も多くいる事でしょう。
但し、家族から捜索願が毎年のように、9万件もの届けが受理されています。

家出は身内らの捜索願が受理されて、初めて総計の中に含まれます。なので、その暗数(目に見えない実際の数)は、4〜5倍と言われています。
例えば、一家全員で「夜逃げ」した場合は、捜索願を出す人がいないので、この数字には含まれない事になります。

中には、「捜索願を出してもどうせ見つからない」と、放っておく人も多くいます。
また、都心部よりも地方の場合

警察に捜索願を出したりしたら、近所の評判となり住民に伝わってしまうのではないか?そのように不安を持つ方も多いようです。
戻ってきた際に、生活がしにくくなるのでは?
そう考えてしまう方も多くいらっしゃいます。
都心とは違って、地方の方でしたらどこでは暗視が伝わってしまうか不安に感じてしまうようです。

詳しく男女別に調べていくと、職業問題は男性が特出していますが、家庭・異性問題は女性が多い事がわかります。
これは探偵社の依頼にも如実にあらわれており、「女を作って逃げた」より「男を作って逃げた」の方が2倍は多いです。

これは女性の方が経済・職業的拘束が少ない為であろうと思われます。
失踪者のタイプを分類する場合、どうしても原因が分からなかったら、図表を参考にして仮説を立てる事になります。



探偵はガル
総合探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーの浮気・不倫・離婚・結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八町・揖斐郡・池田町・揖斐川町
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡

posted by 岐阜の探偵ガル at 07:42| Comment(0) | 行方調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする