2018年01月07日

親権と監護権分離と兄弟の親権分離

親権と監護権分離と兄弟の親権分離

その昔は親権を確保しにくい父親から(余程の事情がない限り、母親が親権者になる)「子供は母親が育ててよいが、親権は父親が確保したい」または、3人兄弟の長男だけは親権を父親が確保したいといった事がありましたが、家裁は原則としてどちらも認めません。

親権者が父親で監護権が母親での分離においては、実際に子を育てている母親が「子供の進学、重要な財産の得失、法律行為」などを行う場合、親権者である父親の同意が必要となる事から揉め事になる場合が多いのです。

要するに親権は取得したいというのは、父の氏を残したいという家制度的発想に基づく事で、家系が途絶えてしまうからといった理由などは、現在の家裁実務では封建的と非難されると言えるでしょう。

兄弟の親権分離に関しても同様の事が考えられる事と、父親方に残った子と母親方の子の生活レベル、教育レベルに差が出る事自体が、子の福祉に反する事です。

以上の事から親権監護権分離や兄弟の親権分離は、道義的にも非難されています。


岐阜の探偵社・興信所 人探し,家出人行方調査はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 18:02| Comment(0) | 離婚問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: