2019年03月27日

会うだけや、ライン・メールだけでは不貞行為(浮気)にならないの?」

「主人が浮気相手の所へ頻繁に会いに行ったり、メールやラインで毎日のように連絡を取っています。ただ主人も相手も高齢なので、性的交渉は無いようです。メールでは『愛してる』『一緒になろう』と年甲斐も無く言っています。これだけでは、不貞行為にはならないのでしょうか?」

「会ったり、メール・ラインだけで性的交渉が無ければ、不貞行為にはならないのか?」弁護士に聞いてみました。

「基本的に会って食事をしたり、単なるメール・ラインのやり取りだけでは、婚姻関係を破綻に至らせる蓋然性(がいぜんせい:確実性が高い事)のある交流接触とは言えず、婚姻共同生活の平和を侵害する蓋然性があるとは言えない為に、不法行為(不貞行為)にあたりません。

しかし、過去の判例によると、面会行為自体が不貞行為になる場合があります。今回のケースの様に、面会の頻度やメール・ラインの内容などを鑑みると、不貞関係にあるではないかとの疑いを抱かせるのに十分な行為であると認められる可能性が高いです。婚姻関係を破綻に至らせる蓋然性のある行為である事が認められる可能性が高い為、不貞行為に該当すると認められると考えます。

ただし「会っていただけで単なる友人」「メール(ライン)は冗談で、誰にでも言っている」などと弁明されるケースも多い為、出来れば2人で一緒に行動して手を繋いだりするような証拠を撮っておく方が望ましいでしょう。」

との事です。
単なる面会行為でも不貞行為となる場合もありますが、慰謝料減額なども考えられるので、実際の2人の行動や一緒にいる際の様子なども、重要な要素になる場合があります。いざという時に不利にならない為にも、専門家に相談して確実な対処をしましょう。

不貞行為や浮気の証拠収集は、岐阜の探偵社ガルエージェンシー岐阜中央にお任せください!


岐阜の探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーとの浮気・不倫・離婚問題、結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器・盗撮器発見,近所トラブルなど
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 22:00| Comment(0) | 浮気調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: