2020年10月15日

浮気・不倫(不貞行為)を理由に裁判を起こす

浮気、不倫(不貞行為)を理由に裁判を起こす

浮気、不倫を理由に裁判を起こせば、裁判中に時効が経過しても時効の成立とはなりません。
本来であれば3年間の期限から、裁判が確定してから10年間まで延長される事になります。

先日のブログで説明した債務承認は、相手側が認めないと期限の中断(延長)は出来ませんが、裁判での浮気や不倫の請求でしたら、相手側の承認なしに時効を一旦止める事が出来ます。

もしも有効な期限が迫っている場合でしたら、浮気や不倫の内容証明郵便でその旨を送って請求しておけば、一時的には事項を止める事も可能です。

但し、これはあくまでも一時的ですので、法的な手続きをお考えでしたら弁護士等へ一度ご相談される事をお勧め致します。
またその紹介も、当探偵社ガルエージェンシー岐阜中央でご協力させて頂きます。

違法な行為に対して、浮気や不倫の慰謝料を請求しようとした場合、専門的な関係者にご相談ください(^^)





探偵はガル
総合探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーの浮気・不倫・離婚・結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器発見はガルエージェンシー岐阜中央
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八町・揖斐郡・池田町・揖斐川町
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 12:22| Comment(0) | 浮気調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: