2019年03月23日

浮気した夫と別居したい。生活費は自分で働くしかないのか?

「浮気した夫と一緒に住むのが苦痛で別居したいです。ただ、実家はすでに弟夫婦と子供がいるので、私が生活するスペースはありません。幸いにも、市営住宅を借りられそうなので契約するつもりですが、子供が小さい為に仕事をするのが難しい状態です。この様な場合は、別居を諦めた方が良いのでしょうか?」

別居をしようと決めたものの、当面の生活費などに不安を覚える方もいらっしゃると思います。このケースのような場合は、どのようにするのが良いのでしょうか?

『別居後の生活費について』弁護士に聞いてみました。

「今後の生活への不安を減らすという意味合いでも、仕事を見つけて収入を安定させる事が良いとは思います。
しかし、お子様が小さかったりする場合には、現実問題難しいのではないかと考えます。ただ、夫婦にはお互いが同水準の生活が出来るよう助け合う義務があり、別居中であったとしても収入の多い方が少ない方に生活費を渡すのが一般的です。

結婚生活を維持する為に必要な費用を「婚姻費用」と呼び、衣食住にかかる費用・医療費・交際費などが含まれます。もしも夫側が婚姻費用の支払いに応じなかった場合は、家庭裁判所に調停を申し立て、どちらが婚姻費用をいくら負担するかを決定します。調停でも話がまとまらなければ、審判により金額を決定します。

調停や審判に2〜3カ月かかる事があり、尚且つ、申し立てから遡って婚姻費用を受け取る事は難しいので、別居を始めたら出来る限り早く婚姻費用の請求をした方が良いでしょう。」

別居を決めたら「婚姻費用の分担請求調停」の準備をしておきましょう!



岐阜の探偵社ガルエージェンシー岐阜中央は、専門家である弁護士・行政書士のご紹介もさせて頂きます。
パートナーとの浮気・不倫・離婚問題、結婚問題にお悩みの方は、是非ご相談下さい。

岐阜の探偵社・興信所 ガルエージェンシー岐阜中央
浮気,不倫調査,離婚,結婚調査,人探し,家出人捜索,行方調査,盗聴器・盗撮器発見,近所トラブルなど
探偵事務所の相談室にて、面談での調査相談・見積りは無料です。
ご相談はお気ガルに!

電話0120−175−666 
または 058−267−0666(お気ガルに)

岐阜圏域
岐阜市・羽島市・各務原市・山県市・瑞穂市・本巣市・羽島郡・本巣郡
西濃圏域
大垣市・海津市・養老郡・不破郡・安八郡・揖斐郡
中濃圏域
関市・美濃市・美濃加茂市・可児市・郡上市・加茂郡・可児郡
東濃圏域
多治見市・中津川市・瑞浪市・恵那市・土岐市
飛騨圏域
高山市・飛騨市・下呂市・大野郡
posted by 岐阜の探偵ガル at 10:19| Comment(0) | 質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする